高齢出産でも安心の産婦人科

高齢出産を行う際に安心な、京都の産婦人科の選び方を紹介します。

高齢出産でも安心な産婦人科の選び方

産婦人科

高齢出産の方の場合、出産時に起きる体調の変化やご自身の持病、赤ちゃんのトラブルなどに対応できる産院を選ぶようにします。持病の程度や状況、多胎、早産などといったリスクの程度に合わせて産院を選ぶのが前提となります。

個人病院のように規模が小さな施設では、同じ医師に一貫して担当してもらえたり、ケアや食事の内容が良いなどといったメリットがありますが、万が一のリスクに対応しきれない不安もあります。

高齢出産の場合、ご自身の体調や持病、赤ちゃんの状況によっては大学病院や総合病院を選択肢に入れるのもひとつの方法かと思います。ベッド数100床以上の大病院であれば、産科以外の科目も揃っているため、高いレベルの医療が受けられ安心です。

個人病院の場合、妊娠中や分娩時などに万が一の事態が発生した際には、他の病院に転院となります。

ハイレベルのリスクを抱える方は、サービスよりも安全性を第一に考えて産院を選ぶことをおすすめします。

リスクが低く、高齢でも健康に何ら問題のない方であれば、個人病院や助産院でも出産が可能です。出産スタイルから病院を選んだり、サービス面を重視して選ぶことも可能なので、京都エリアで自宅から通いやすい場所を探してみてください。

中リスク程度の場合、産科以外の科とも連携している総合病院がおすすめです。地方自治体が運営している公立病院などをはじめ、民間の総合病院などの選択肢もあります。

患者数が多く比較的混み合いますが、万が一の事態には迅速に連携して対応してもらえるので安心です。

高リスクの妊婦さんについては、胎児や母体の健康状況に合わせて「総合周産期母子医療センター」「地域周産期母子医療センター」が選択肢の中に入ります。

こちらは一般の産院とは異なり数が限られていますが、新生児用の集中治療室などを完備しており、妊娠・出産におけるあらゆるトラブルに対応できます。

高齢出産で注意する産婦人科の選び方

高齢出産になると、「無痛分娩」「和痛分娩」など痛みのない分娩方法を希望される方も多いです。

その場合は、無痛分娩などに対応した病院を選び、早めに予約を入れておくと安心です。ただし追加料金がかかるケースが多いため、予算に合った病院を探すようにしましょう。

切迫早産や妊娠糖尿病など複数のトラブルを抱えている方は、自宅から少々遠くても安全に出産に臨める大きな病院を選ぶようにします。

可能なかぎり、先生の評判なども事前にチェックできれば理想的です。設備面が整っていること、妊娠中のトラブル対応が迅速であることも条件のひとつに入れておきたいところです。

自宅から病院への距離としては、車で30分以内が理想的です。しかし高齢出産の場合、体調不良や胎児の不調など、さまざまなトラブルに遭遇するケースも考えられるため、距離を問わず安全に出産できる病院を探すのが第一です。

また、高齢出産に理解のある先生や、先生との意志疎通ができるかどうかも、安全に高齢出産に臨むためには欠かせない要素です。

病院を探す段階で先生に心配事を相談し、スムーズにコミュニケーションが取れるかどうかを確認しておくと良いでしょう。

個人の産院では、高齢出産の女性を受け入れられないとしているところもあります。

そのような場合、自宅周辺にある産院に連絡をして、高齢出産であること、また持病や多胎などがあればそちらも併せて伝え、受け入れ可能かどうか必ず確認を取っておくことをおすすめします。

高齢出産でも受け入れ可能としている個人病院もありますが、その際は費用面のチェックを忘れずに行いましょう。サービスの質が高いほど費用が高額になる可能性がありますので、早めに相談しておくようにしましょう。

京都で高齢出産にもおすすめな産婦人科を紹介

身原病院

  • 産科と婦人科は出入り口が別なので、他の人の目をあまり気にしなくていいように配慮されている。
  • 羊水検査やクアトロテストができる設備があるため、高齢出産に伴いがちな悩みや心配を解消していくことができる。
  • 麻酔科医が常駐しているため、年中無休24時間、無痛分娩に対応。陣痛室や分娩室も複数あるため、他の人と重なっても安心。
  • 陣痛から分娩、産後の体力回復までを同じ部屋で行なえるので、移動に伴うストレスがない。できるだけ体の負担を減らしたい人にお勧め。

身原病院で高齢出産した人の口コミ

高齢出産のため様々な不安を抱えていましたが、身原先生は色々な数値を調べて比較したデータを見せてくださったり、4Dで自分たちに分かる形で説明してくださったりしたため、心配を解消することができました。

こんなこと質問してもいいのかな、と迷う小さなことでも親切に教えてくださいましたし、注意すべきことはきちんと伝えていただいたので、妊婦生活を楽しむことができたと思います。親しみやすい助産師さんが多かったのも良かったです。

35時間も陣痛室にいたんですが、担当交代の際の引継ぎがしっかりされているので安心できました。また産後、おっぱいが張って痛くてどうしようもない時に電話すると、すぐに無料でマッサージをして対応していただきました。まさに至れり尽くせりでした。

京都第二赤十字病院

  • 大きな病院であるため、産婦人科と小児科が連携している。高齢出産に伴って新生児に何か問題があっても、すぐ対応してくれて安心。
  • 女医さんが多数在籍しているため、女性担当を希望する人はある程度選ぶことができる。
  • 産後のママの集いが計画されていて、希望すれば他の年代のママたちと交流することができる。同じく高齢出産したママとも出会いやすい。

京都第二赤十字病院で高齢出産した人の口コミ

担当の先生も、看護士さんたちも親切でとても助かりました。わたしは腹腔内出血になり休日に緊急入院したんですが、その対応もとても迅速なものでした。

担当は女医さんになったのですが、女性ということで相談しやすく、落ち着いた雰囲気にとても安心できました。大きい病院であるため助産師さんの人数も多いので、よく見回りに来てもらえるのも安心できました。

足立病院

  • 京都市内の中心地に位置しているため、高齢出産に伴うストレスを、近隣でのショッピングやカフェタイムで和らげることができる。
  • すべて個室対応なので、家族のサポートを受けやすい。小さいタイプの部屋は無料。
  • 関西圏でもトップクラスの取り上げ数なので、経験豊富な助産師さんが揃っていて、高齢出産の人でも安心。

足立病院で高齢出産した人の口コミ

他の産婦人科で第一子を出産しましたが、その時60時間ほどかかる難産でした。

高齢になって第二子を授かり、体力的に不安だったので最初から無痛分娩を希望していました。実際に分娩が始まると、和痛分娩という、完全に痛みを取るというより和らげる程度の麻酔を打っていただきましたが、第一子の時と比べると痛みが軽くてびっくりしました。

おかげで落ち着いた精神状態の中で分娩に臨むことができました。先生や助産師さんのサポートがきめ細やかで優しかったので、それも安心できた要因だと思います。

高齢ゆえに体力が落ちている時は、無痛分娩がいいと思いました。痛みがなかったおかげで第一子の時ほど疲れませんでしたし、あまり時間がかからずスムーズに出産することもできました。出産後の回復も早いというメリットもあるので、無痛を選んで良かったと思っています。

Page Top
アンケート結果発表♪

妊娠中の女性・出産経験者
京都で100人に聞きました!
産婦人科を選ぶとき、何を重視する?」