【番外編】あなたはどっちを選ぶ?

母子同室や別室、大部屋や個室など、病院を選ぶうえで気になる選択肢について、それぞれのメリット・デメリットを比べてみます。

病院を選ぶうえで悩む”選択肢“について

産婦人科を選ぶときには、母子同室or別室、大部屋or個室など、様々な選択肢がありますよね。もちろん病院によってサービスの差はありますが、それぞれの大まかな特徴は把握しておきたいところ。

ここでは、こうした産婦人科選びのポイントとなる項目について、メリットとデメリットをまとめています。

母子同室・別室

  母子同室 母子別室
メリット ・早い段階から親子としての愛情が深まる
・赤ちゃんが泣いたらすぐに母乳をあげられる
・お世話に早く慣れることができる
・ゆっくり産後の体を休められる
デメリット ・寝たいときになかなか寝られない ・初産の方はお世話に慣れにくい
・数時間おきに授乳しに行かなくてはいけない場合がある

母子同室の口コミ

初日だけ母子別室でその後母子同室の病院でした。産前は別室の方が楽そうだと思ったのですが、いざ産んでみたら赤ちゃんが可愛くて、一緒にいるだけで癒されます。泣きっぱなしで寝れない時があった時は看護師さんが預かってくれたので、その時間ぐっすり寝ることができました。

友人達からは母子別室の方が良いと言われましたが、泣いたらすぐに母乳をあげられたり、お見舞いに来てくれた方にすぐ赤ちゃんの顔を見せてあげられるのが良かったです。

母子同室はいつも我が子を見られるので安心感がありました。別室だと数時間おきに授乳しに行かないといけないし、我が子の側にいられる方が私にとってメリットが大きかったです。退院後のお世話の練習にもなりました。

個室・複数部屋

  個室 複数部屋
メリット ・プライバシーが守られている
・家族や友人が来ても気兼ねなく過ごせる
・産後の疲れた体をゆったり休める
・出産日が近いママ友を作れる
・孤独を感じにくく、安心できる
・個室よりも費用が安い
デメリット ・寝たいときになかなか寝られない ・赤ちゃんの泣き声、話し声など、周囲が気になる
・気を遣うため産後の体が休まらない
・家族や友人とゆったり過ごせない

個室の口コミ

なんといっても個室は気楽で良いです。母子同室だったので、子供が泣いても迷惑がかからず、気持ちに余裕が持てました。面会も周りを気にせず済み、良かったです。

赤ちゃんが泣いても気兼ねしないし、シャワーやトイレも自由に使える。上の子や夫も泊まることができる、自分の時間が自由にもてるなど、個室を選んで本当に良かったです。

友人や家族が来ても個室だと何でも話しやすいし、テレビなども自由に見られます。料金もほとんど変わりませんでした。個室の人でも授乳室で他の方とお喋りしたりできるので、寂しさもなかったです。

大規模病院・個人クリニック

  大規模病院 個人クリニック
メリット ・万が一何かあった時でも安心感がある
・医師や看護師が多く、他の方の分娩時でも待たされない
・最新機器が揃っている
・一人の医師にずっと診てもらえる
・分娩方法などにこだわりやすい
・食事が美味しいところが多い
デメリット ・複数部屋が多い
・食事が病院食のようなものが多い
・リスクの高いお産では不安感がある
・こだわりのお産やクリニックでは費用が高くなりがち
・分娩が重なると不安

大規模病院の口コミ

設備が整っているので、高齢の妊婦さんや双子の妊婦さんも受診しているなど、通院に不安感がまったくありませんでした。妊娠中の検査なども多くて安心。食事も豪華だったし、大満足です。

大きな病院での出産でしたが、部屋は個室だし費用は安いし、食事は美味しいしスタッフは優しいしと、全く文句なしの環境でした。先生や看護師、助産師さんもたくさんいて安心感があります。相談なども助産師さんが丁寧に対応してくれて良かったです。

出産中のトラブルが心配で、大きな病院を選びました。看護師さんが多くて頼りやすいし、食事もこだわっていたので美味しく頂けました。産前産後のサポートなども充実しているので、安心してお産にのぞめました。

立ち合う・立ち合わない

  立ち合う 立ち合わない
メリット ・夫や家族が側にいることで安心できる
・出産の大変さを共有できる
・感動を夫婦で共有できる
・父親の実感が生まれやすい
・血が苦手な方の場合、立ち会わない方が安心
・苦しんでいる姿を見せないで済む
・出産知識のない夫にイライラせずに済む
デメリット ・女性として見られなくなる可能性がある ・父親の実感が生まれにくい
・出産の大変さが伝わらない

立ち合った場合の口コミ

立ち合い出産を決めてから、出産について夫婦で話すことが増えました。陣痛では練習したとおりマッサージをしてもらいましたし、出産中も夫が側にいることで安心できました。出産に立ち会ったおかげか、当初から育児に積極的に参加をしてくれています。

もともと立ち会う予定はなかったのですが、計画分娩になり仕事を休むことになったので、そのまま出産に立ち会うことになりました。夫がいることで気も休まるし、背中をマッサージしてもらえて良かったです。

出産後立ち会っていた夫から「お疲れさま、ありがとう」と言ってもらえた時はすごく嬉しかったです。事前のパパママ教室でお産時の対応も学習していたためか、夫には上手く立ち回ってもらったので、落ち着いて出産に臨むことができました。

母乳・人工栄養

  母乳 人工栄養
メリット ・アレルギーを予防できる
・母乳から免疫を得られる
・あごの発達に役立つ
・産後の回復が早くなる
・ミルク代がかからない
・産後の体重が戻りやすくなる
・ミルクを作る手間がかからない
・飲んだ量がわかりやすい
・誰でも、どこでも授乳できる
・ビタミンKが豊富
・ママの食生活を気にしなくていい
デメリット ・赤ちゃんが飲んだ量を把握し
・赤ちゃんの体重が増えにくいことがある
・保育園など外に長時間預けにくい
・乳頭のトラブルが起こりやすい
・食生活に気をつけないといけない
・ビタミンDが不足しやすい
・産後の回復が遅れる
・荷物が多くなる
・お金がかかる
・夜間の調乳が大変

母乳育児で赤ちゃんを育てた人の口コミ

○産後、入院中からしっかり母乳が出て困ることがなかった私は、退院後もミルクを足さなくてもいいくらいでした。ミルクを作るには、哺乳瓶などの消毒やミルクを作る手間も必要ですが、母乳だと飲ませるだけなので、ミルク育児に比べてとても楽でした。

○赤ちゃんがお米や乳製品などたくさんのアレルギーがあり、ミルクでの育児ができませんでした。

そのため自分も乳製品やお米をやめ、雑穀などの食生活に変えて完全母乳育児をしたのですが、この頃が1番料理をしたと思います。

大変でしたが、赤ちゃんのアレルギーなどのトラブルに対応できたので、母乳育児ができてよかったです。

○乳首が小さいので量はそんなに出なかったのですが、きちんとおっぱいも張り白くて濃い母乳が出ました。

授乳後に赤ちゃんの口の周りに母乳がついていたり、口から母乳が溢れたりすると、ちゃんと出ているんだなぁと安心しました。

母乳を介して赤ちゃんの成長に貢献することができ、母乳育児ができて嬉しく思っています。

少なからず赤ちゃんの成長には影響していることが目に見えているので、母乳育児は成功したのかなと思っています。

人工栄養で赤ちゃんを育てた人の口コミ

○ミルクの場合、私以外の人にも育児をお願いしやすくなります。主人は姪などを見て、育児についてある程度知識もあったため、赤ちゃんにミルクを飲ませてもらったり、育児にも積極的に参加してもらいました。

一方二番目の子どもはミルクではなく母乳での育児になってしまい、主人はちょっと寂しかったようです。

○私の子供は混合→ミルクにしましたが、ミルク一本にしたら、何をそんなにこだわっていたのかと思うくらい気持ち的にも体力的にも楽になりました。

子供たちもかなり健康なほうですし、熱もめったに出しません。

母乳じゃないと病気がちな子になるといわれますが、特に体調を崩しやすい、風邪を引きやすい、といったことはなかったように思います。

○長女は混合で次女はミルクで育児を行ないました。

がんばっても母乳がほとんど出てこなかったので仕方がなかったのですが、それでも大きな病気もしないで身体は丈夫なほうです。

小・中学生の頃は虫歯も無く歯並びも良かったからか、賞状をもらったことも何度かあります。

ミルクには、たくさんお世話になりました。

陣痛促進剤使う・使わない

  使う 使わない
メリット ・分娩の進行がスムーズになる
・母体と赤ちゃんの体力を消耗せずに済む
・計画分娩の場合、家族が立ち会える可能性が高い
・より自然に近いかたちでの出産ができる
・出産にかかる費用を抑えることができる
デメリット ・過剰投与してしまうと過強陣痛につながる
・まれに子宮破裂や胎児死亡の恐れがある
・いつ自然陣痛が始まるか分からないという不安がある
・陣痛が進まない場合、母子の体力が消耗する

陣痛促進剤を使用する人は意外と多い

出産で陣痛促進剤を使用した人は、経産婦の半数以上を占めるというデータもあります。

微弱陣痛が長時間続き母子の体力が消耗してしまった場合や、予定日をかなり過ぎても自然陣痛が起こらず、時間の経過とともに羊水が減ってきてしまった場合などが、陣痛促進剤を使用するケースとしては多いようです。

最近では分娩予定日を予め決めておく計画分娩も増えてきていますが、この場合も陣痛促進剤を使って陣痛を起こします。

陣痛促進剤の副作用は?

しかし陣痛促進剤は、まったくのノーリスクというわけではありません。

もっとも代表的な副作用は「過強陣痛」です。

陣痛促進剤は、薬を投与すればするほど陣痛が強くなっていくものです。

薬の作用が強く出すぎると、子宮の収縮も強くなってしまい、まれに胎児を圧迫して「胎児機能不全」を引き起こしたり、子宮が疲れきってしまい止血されなくなる「子宮頸管裂傷」などを起こす恐れがあるので注意が必要です。

陣痛促進剤を使用する際は、その投与量を細かく調整し、母体と胎児体の様子をきちんと確認しながら行うことが重要になります。[注1]

そのため、予め陣痛促進剤を使いたいと考えている人は、経験豊富で安心できる病院選びが必要となります。

[注1]公益社団法人 日本産科婦人科学会:D.産科疾患の診断・治療・管理 11.陣痛誘発[pdf]

陣痛促進剤を使用した人の口コミ

○1人目出産時に促進剤を使いました・

私は微弱陣痛で、間隔は3分切っているのに強い陣痛がこず、30時間以上陣痛室にいました。

途中、破水もあったものの、「赤ちゃんはまだ元気ですね、お母さんもがんばりましょう」と言われ、そのまま…。

飲まず、食わず、寝ずで結局、自ら志願して打ってもらいました。

10分で強い陣痛がきてから、分娩台に移ってなんと1時間半で出産。

今思えばもっと早く打ってもらえばよかったと思いました。

○私は羊水が少なくなってしまったので38週1日で促進剤を使いました。

3時間の安産でした。

1人目の出産だったので、陣痛促進剤で陣痛が強くなったかどうかはわかりませんが、特にトラブルもなく、主人も出産に立ち会えたので、使用してよかったです。

○少し破水して入院したのに丸3日陣痛が来ず、ずっと陣痛室でスクワットしたり院内を歩き回ったりしてたので、3日目に促進剤を使いました。

人工破水でシーツがびしょぬれになったので、交換した時にちょっと促進剤の点滴を外したら陣痛が少し弱まってしまいましたが、ちゃんと陣痛の強さやスピードを調節しながらできたので、結果的には使用して正解だったと思います。

使わなかったらもっと時間がかかっていただろうし、主人も一緒に2泊して疲労がたまってきていたので、もう少し早く使ってもよかったかもしれません。

Page Top
アンケート結果発表♪

妊娠中の女性・出産経験者
京都で100人に聞きました!
産婦人科を選ぶとき、何を重視する?」