産後ケア入院ができる

新米ママの育児をサポートする産後ケアとは?産後ケアがある産婦人科も紹介します。

体や心が不安定な時期だからこその「産後ケア」

産後ケアのイメージ妊娠・出産という大きな変化を乗り越えた産後のママは、これから親としての自立や果たすべき役目、親子の愛着形成、ホルモンバランスの変化による精神的な不安や妊娠前の体に戻るまでの期間など、さまざまな不安や悩みがつきまといます。

特に初めての子どもの場合、入院期間が終わって自宅へ戻った時に、今までとは違って赤ちゃんのいる生活へと大きく変わるため、大きな不安を抱えることが多いのです。

少し前の人付き合いが濃密な頃であれば、親戚や近所などに出産を経験した人も多く、まわりのサポートを得ながらの育児ができていましたが、社会環境や家族を取り巻く環境の変化で、育児に関する環境もかなり変化してきています。現代は、親類が少ない地域で出産を迎えるお母さんも少なくないため、産後ケアを必要とするお母さんたちも多くなってきているのです。

参考:「各種プラン内容」国立成育医療研究センター

産後の不安はママによって違いますが、「母乳があまり出ない」「沐浴や授乳が上手くできない」「産後の体調が優れない」「育児になかなかなれない」…などさまざま。これらの不安をサポートするため、産婦人科によっては色々な産後ケアを用意しています。

各病院によって内容は異なりますが、一般的なものだと「助産師や保健師の訪問によるケア」「新生児訪問」「産院での2週間健診・1ヶ月健診」などがあります。最近注目を集めている、宿泊を伴う産後ケアもオススメですよ。

参考:「コアラサポート(産後ケア)について」国立成育医療研究センター

宿泊付きの産後ケアとは

宿泊付きの産後ケア(産後ケアセンター)は、出産後のママをサポートするための施設やサービスで、ママの体や心に寄り添った育児サポートを行い、悩みを一緒に解決していくものです。「完全母乳を目指したい方へ母乳強化プラン」、「疲れた体を癒したい方にリフレッシュプラン」「授乳や沐浴をしっかり身に付けたい方にレクチャープラン」など、ママさんの希望に合わせたプランが用意されています。

例えば、京都市の身原病院では、オーダーメイドの宿泊産後ケアを提供しています。

  • 母乳を強化するプラン
  • リフレッシュプラン
  • レクチャープラン

など、希望に合わせてプランを組むことができます。費用は、2泊3日で45,000円(食事付き)です。授乳時には、必要に応じてスタッフが指導や介助をしてくれるので、初めての育児で不安なお母さんも安心です。希望に合わせて、別途有料でアロマテラピーを受けることも可能なので、指導をうけるばかりではなく、産後の疲労回復を図ることもできます。 このように、宿泊を伴う産後ケアを行っている病院は増えてきています。ただし、場合によっては、出産をその病院に行った人に限られるなど、対象が限定されていることもあります。産後ケアを受けたい場合は、出産する病院を決める際に考慮に入れることをおすすめします。

参考:「母子保健関連施策」厚生労働省

産後費用は医療費控除の対象?

宿泊を伴う産後ケアは、医師や助産師の指導も付いていることから、かなりの高額になります。日帰りでも、1回数千円はかかる場合がほとんどなので、少しでも出産費用を抑えたい人にとっては痛い出費です。

そんな産後ケアの費用は、医療費控除の対象となるため、確定申告をすることで控除されます。医療費控除の対象には、「助産師による分娩の介助の対価」が含まれています。助産師による産後ケアや保健指導もこれに含まれると考えられるため、医療費控除の対象とされています。発生した医療費から所得の金額の5%(上限10万円)を差し引いた金額が控除されます。

ただし、出産や支払いが年をまたいで2年に分かれてしまった場合は注意が必要です。基本的にその年に支払ったもの医療費控除の対象となるため、出産が年末でも産後ケアや産後ケアの支払いが年明けとなった場合は、産後ケアが控除されるのは翌年となるからです。翌年でも確定申告すれば控除されますが、金額が分散してしまうことで節税効果が薄くなる場合もあるからです。

参考:「平成29年度版 暮らしの税情報」国税庁

産後ケアのメリットとデメリット

産後ケアを受けることのメリットとデメリットをまとめてみました。

産後ケアのメリット 産後ケアのデメリット
・医師や助産師の専門的な指導を受けることで、育児に対する不安が和らぐ
・一人一人のニーズにあった指導を受けることができる
・不安や悩みを解消できる
・出産で消耗した体を癒すことができる
・十分にケアすることで回復しやすくなる
・なれない育児の疲れをリフレッシュできる
・不安定になりがちな心のケアができる
・ある程度の費用が必要である
・宿泊を伴うものなど、地域によっては提供している病院が少ない場合もある
・予約が必要な場合も多い

費用面に関しては医療費控除の対象になるなど、全くのデメリットばかりでもありません。地域制もありますが、予約さえすれば産後ケアができることが多く、お母さんにとってメリットも大きいため、積極的にうけることをおすすめします。

産後ケアをするのとしないのでは何が違う?

出産直後の女性には、このようなことが起こりえます。

  • ホルモンバランスの変化
  • 授乳による睡眠不足
  • お腹周りのたるみ
  • 家族とのすれ違いによる孤独感
  • 肩こり
  • 腱鞘炎
  • 母乳のトラブル

このような変化が起こることを教えてもらえる機会はとても少ないため、特に初めての出産の場合、慣れない変化に戸惑ってしまうことも少なくありません。うまく乗り切ることができる人も少なくないですが、うまくいかない場合は、

  • 産後うつ
  • 児童虐待
  • 家庭内不和

などの原因になってしまうこともあります。産後ケアをすることによって、そのような状況を回避できることもあります。特に、近くに親類など頼れる人の少ない傾向にある現代の出産後の女性にとって、産後ケアは必要不可欠といえそうです。

参考:「男女共同参画社会づくりに向けての全国会議取り組み事例紹介」NPO法人マドレボニータ代表理事 吉岡マコ/内閣府男女共同参画局

産後ケアが受けられる産婦人科

産後ケアの必要性が高くなっていることもあり、産後ケアを導入する事業者が増えつつあります。厚生労働省が、産後ケア事業のガイドラインを発行し、市区町村が主体となって委託等をすることで産後ケアの実施をすすめています。

参考:「産前・産後サポート事業ガイドライン 産後ケア事業ガイドライン」厚生労働省

そのような状況の中でいち早く産後ケアができる病院があります。こちらでは、京都府内にある、産後ケアが受けられる産婦人科を紹介します。

身原病院

身原病院の公式HPキャプチャ おすすめ
ポイント
アロママッサージ、フェイシャルエステ、プラセンタ注射(母乳促進用)などを組み合わせた、オリジナル産後ケアプランを立てられる。沐浴や授乳のレクチャーも充実。
所在地 京都市西京区上桂宮ノ後町6-8

身原病院の公式HPもチェックしてみてください>

川村産婦人科

川村産婦人科の公式HPキャプチャ おすすめ
ポイント
助産師さんに育児の様々な悩みを相談できる、「助産師マンツーマンプラン」が人気。
所在地 京都市左京区下鴨高木町40

川村産婦人科の公式HPもチェックしてみてください>

Page Top
アンケート結果発表♪

妊娠中の女性・出産経験者
京都で100人に聞きました!
産婦人科を選ぶとき、何を重視する?」