痛みのないお産ができる

京都の産婦人科で痛みの少ない無痛分娩を手掛けているクリニックの紹介や、無痛分娩のメリットなども紹介します。

痛みのないお産ができる無痛分娩

出産イメージ

産婦人科探しの条件で一番人気なのが「痛みのないお産」です。特に初産の方は、お産の痛みが一体どれくらなのか想像ができず、怖くてたまらないという方も多いでしょう。

そんな方におすすめの分娩方法が 無痛分娩です。

無痛分娩は麻酔薬を使うことで陣痛の痛みを和らげる分娩方法。全く痛みを感じなくなるわけではないので、赤ちゃんが産道を通る感覚も分かりますし、いきむことも可能です。もちろん、産まれたばかりの赤ちゃんを抱っこすることもできます。陣痛時の痛みが普通分娩よりも和らぐため、ママへの体や心への負担・ストレスが少なく、母体の回復も早いといったメリットがあるのです。

無痛分娩の麻酔の種類

無痛分娩には、硬膜外麻酔と点滴麻酔の2種類の麻酔があります。

  • 硬膜外麻酔
    背骨の脊髄に近い部分にチューブを入れ、麻酔薬を投入します。硬膜外麻酔は効果が高く、赤ちゃんへの影響がほとんどないことから海外では一般的な方法です。
  • 点滴麻酔
    その名の通り、静脈から麻酔薬を入れる方法で、事前の処置が硬膜外麻酔よりも簡単に済みます。点滴麻酔の方が眠気が強いので、病院がどちらの方法をとっているかを調べておくと安心です。

無痛分娩にかかる目安費用と手当金

無痛分娩は、通常分娩の費用に追加費用がかかります。一般的には約5万~10万円の追加で、大学病院だと15万円程度の追加費用がかかります。費用は病院によって異なるので、事前に費用はどれぐらいかかるのか確認しましょう。

基本的に無痛分娩には健康保険は適用されませんが、帝王切開などの医療介入を行った場合は保険が適用されます。さらに、出産したら必ず国から出産手当42万円が貰え、その費用をそのまま出産費用にあてることができます。

無痛分娩でも通常分娩でも、確定申告をすると医療費控除の対象となり、税金が返金される可能性があるので、出産前に近くの税務署などへ行き調べておくようにしましょう。

無痛分娩はリスクはないのか?

無痛分娩は基本的には安全な分娩方法なので、合併症を引き起こす可能性は低いです。しかし、いくつかのリスクが生じるのも可能性もあります。

例えば分娩遷延、しびれ、排尿障害などがあります。さらに、分娩に時間が掛かってしまう可能性もあるので、陣痛促進剤の投与や機械分娩となる場合もあります。

無痛分娩には噂もあって、「無痛分娩で出産をすると、子供が自閉症になりやすくなる」といった内容です。どんな医療機関からもそのような話は出ていないので、医学的根拠はないです。良くない噂に左右されないようにしましょう。

無痛分娩を選択する場合は、メリットも含めてデメリットもしっかり把握しておくようにしましょう。

無痛分娩に対応している京都の病院を見つけるには?

無痛分娩を希望する場合は、妊娠が判明した時点で、無痛分娩を行っている施設に通うようにしましょう。通う施設は、日本産化麻酔学会が公開している施設リストを参考にしてください。なるべく自宅から近くて、アクセスしやすい場所を選ぶのがおすすめです。

妊娠数週が進んでから、いろんな情報を調べる機会が多くなると思います。そんな中で、無痛分娩に興味が出始める人も多くいます。妊娠数週で無痛分娩も検討したいと思うなら、現在通っている施設の担当医か助産師に相談してみましょう。近隣で無痛分娩を行っている施設の紹介をしてくれるはずです。

無痛分娩を行っている施設が複数ある場合は、実際に無痛分娩を体験した人の口コミや、施設の設備など比較して、自分に合ったところを選ぶようにしましょう。

無痛分娩は人によって捉え方や考え方が異なります。分娩方法やリスクも含めて、パートナーや家族とよく相談して、ベストな状態で出産を迎えられるようにしましょう。

無痛分娩のある産婦人科

京都府内にある、無痛分娩ができる産婦人科を紹介します。

身原病院

身原病院の公式HPキャプチャ おすすめ
ポイント
●出産前から徐々に麻酔を投与していく計画分娩なので、出産前の陣痛も和らげてくれる。
●無痛分娩を利用した方の9割以上から満足の評価を得ている。下の子の出産時に、再び無痛分娩を利用するママさんも多い。
●麻酔医が365日24時間常駐している。
所在地 京都市西京区上桂宮ノ後町6-8

身原病院の公式HPもチェックしてみてください>

醍醐渡辺クリニック

醍醐渡辺クリニックの公式HPキャプチャ おすすめ
ポイント
●硬膜外麻酔を利用した無痛分娩が可能。
●入院後に無痛分娩に切り替えることができる。
●同院で出産した3割弱の妊婦さんが、無痛分娩を利用している。
所在地 京都市伏見区醍醐高畑町30-15

醍醐渡辺クリニックの公式HPもチェックしてみてください>

中部産婦人科

中部産婦人科の公式HPキャプチャ おすすめ
ポイント
●硬膜外麻酔を利用した無痛分娩が可能。
●外来診察時に分娩日時を相談。
所在地 京都市伏見区向島二ノ丸町151-44

中部産婦人科の公式HPもチェックしてみてください>

24時間対応の産婦人科がおすすめ

無痛分娩を希望する際、あらかじめ病院に「無痛分娩は24時間対応可能か?」を確認しておきましょう。

無痛分娩は日程を決めて出産を行う、計画分娩で行われます。設定した日にちにあわせて無痛分娩の準備を進めていくのですが、日中深夜を問わず陣痛は起こるので、いつ起こるのか予想するのは難しいもの。

たとえ無痛分娩を扱っている病院でも、麻酔医が常駐していない病院の場合、夜間や休日は無痛分娩ができず普通分娩になったり、陣痛促進剤で時間調整を行うところがあります。

しかし、麻酔医が365日24時間対応できる病院なら、いつ陣痛が起きても安心して産むことが可能。万一の際も、ママさんの心理的・肉体的負担を大きく軽減してくれます。

Page Top
アンケート結果発表♪

妊娠中の女性・出産経験者
京都で100人に聞きました!
産婦人科を選ぶとき、何を重視する?」