HOME » アンケートでわかった!条件に合う産婦人科の選び方【京都編】 » 出産一時金との差額で支払いができる

出産一時金との差額で支払いができる

出産一時金とは?出産一時金との差額支払いができるクリニックを紹介します。

出産一時金とは?

笑顔の母子

妊娠・出産は健康保険が適用されないため、お金がとてもかかります。その際に頼りになるのが、健康保険から支払われる出産一時金(出産育児一時金)です。

出産一時金は、子供1人の出産につき42万円が加入保険から支給される制度です。お産をする産婦人科によって費用は変わりますが、通常の分娩では40~50万円ほどかかります。

そのほかに妊娠検診などの通院でも費用がかかりますから、出産一時金だけで妊娠検診や分娩費用すべてをまかなうことはできません。

それでも42万円という大きな金額を貰えるため、出産一時金は出産にかかる費用をとても軽減することができる、ありがたい制度です。

条件や手続き方法

出産一時金を受け取るには、国民健康保険または健康保険に入っていることが条件です。

貰える金額はさきほど書いた通り子供1人につき42万円ですが、産科医療補償制度に加入していない産婦人科での出産の場合は子供1人につき39万円となります。

出産一時金の手続き方法は加入している保険の種類により異なります。

ママが会社に勤めている場合は、ママの勤務先の健康保険へ。ママが専業主婦でパパが会社員の場合は、パパが加入している健康保険へ。ママが専業主婦でパパが自営業の場合は、パパが加入している健康保険へ。ママが自営業の場合は、ママの国民健康保険へ申請をします。

差額での支払いをするには?

出産一時金は「一度立て替えてから産後に申請をして振り込まれる」方法と「健康保険から直接産院へ支払われる」方法を選べます。

最近は「健康保険から直接産院へ支払われる」方法を利用する方が多く、出産前にどの産院でお産するかを決めて健康保険へ申請し、クリニックにも直接支払いの必要書類を出しておきます。

もしも分娩費用が42万円以下だったら、差額分をその後受け取ることができます。反対に分娩費用が42万円以上だったら、差額分を退院時に支払うこととなります。

出産費用はとても高額なので、できるだけ出産一時金との差額で支払えるところを選び、お金の負担を少なくしたいものです。

出産一時金との差額で支払いができる産婦人科

こうした出産一時金との差額支払いは、京都府内のほとんどの産婦人科で対応しています

気になる方は、病院への問い合わせ時に相談してみてください。

Page Top
アンケート結果発表♪

妊娠中の女性・出産経験者
京都で100人に聞きました!
産婦人科を選ぶとき、何を重視する?」