HOME » 京都で不妊治療をお考えの方へ » 高度不妊治療とは

高度不妊治療とは

高度不妊治療とは、自然妊娠や一般不妊治療では妊娠ができない夫婦に対し、最終的に用意されている不妊治療法。ここでは、一般不妊治療と高度不妊治療の違いや高度不妊治療の方法、高度不妊治療が検討される人などについて、詳しく解説しています。

一般不妊治療の次のステップが高度不妊治療

自然妊娠がかなわず、かつ一般不妊治療を受けても妊娠ができない場合には、高度不妊治療を受けることで妊娠の可能性を高めることができます。高度不妊治療は「体外受精」と「顕微授精」に分かれますが、一般には「体外受精」を試みても妊娠しない場合に、「顕微授精」が検討される順番となります。

近年、生殖医療の技術は飛躍的に向上しているものの、年齢を重ねるほどに、妊娠率が下がってくることは避けられないのが現状。不妊に悩む夫婦は、治療を受けるか否かに関わらず、一度、専門の病院で検査を受けてみることをおすすめします。

高度不妊治療とは? ~一般不妊治療との違い~

高度不妊治療をイメージするために、まずは一般不妊治療との違いを簡単に見ておきましょう。

一般不妊治療と高度不妊治療との大きな違い

一般不妊治療とは、通常の妊娠プロセスに少しだけ手を加えることで、妊娠成立の可能性を高める方法。妊娠しやすいタイミングでの夫婦生活をアドバイスしたり(タイミング法)、妊娠しやすいタイミングで精子を子宮内に直接注入したり(人工授精)します。タイミング法も人工授精も、ともに医療的な知識や技術は加わるものの、あくまでも自然妊娠を目指している点が特徴です。

一方で高度不妊治療とは、自然妊娠が難しいと思われる患者に対し、積極的に医療技術を用いて妊娠へと導く方法。具体的には、卵子をいったん体外に取り出したうえで受精卵を作り、その後、体内へ戻すやり方です。 自然妊娠のプロセスとは異なり、高度な医療技術を用いた妊娠プロセスとなるため、一般不妊治療とは区別して、高度不妊治療(高度生殖医療)と呼ばれています。

高度不妊治療には、体外受精と顕微授精の2種類があります。それぞれの違いを、以下で詳しく見ていきましょう。

高度不妊治療1:体外受精とは

体外受精とは、女性の体内から卵子を取り出して培養し、そこに精子をふりかけることで受精を目指す治療法。本来は体内で行われるべき受精を体外で行なうという意味で、体外受精という名前が付けられました。

受精した胚(受精卵)を2~5日ほど観察し、順調に細胞分裂が行われていることを確認のうえ、子宮内へと戻します。

高度不妊治療2:顕微授精とは

顕微授精とは、女性の体内から取り出した卵子の中へ、専用の医療機器を用いて精子を注入する治療法。顕微鏡を用いて精子を注入するという意味で、顕微授精という名前が付けられました。

顕微授精が成立した後は、体外受精と同じように、胚の細胞分裂を観察したうえで子宮内へと戻します。

高度不妊治療の治療プロセス

高度不妊治療は、次のようなプロセスで行われます。

  1. 卵巣刺激
    内服薬や注射によって肺胞を刺激します。1回の採卵で複数の卵子を採取することが目的です。
  2. 採卵
    専用の医療器具を使い、体内で育った卵子を一つ一つ吸引して採取します。痛みのある処置のため、患者には局所麻酔、または静脈麻酔を使用します。
  3. 卵子の培養と精子の選定
    採取された卵子は、培養士による管理のもと培養されます。また、パートナーから預かった精子のうち、運動の良好な精子を選定します。
  4. 受精
    体外受精、または顕微授精によって受精を目指します。
  5. 胚の評価
    育った胚(受精卵)を比較し、着床の可能性を基準にそれぞれの胚の状態を評価します。
  6. 胚移植
    評価が良好な胚を、医療用のチューブで子宮内に移植します。移植手術は日帰りで行われます。
  7. ホルモン補充
    採卵から妊娠成立後にかけ、女性ホルモンのバランスを整えるために、内服薬や貼り薬などでホルモン補充を行ないます。黄体機能不全という症状を予防するためです。
  8. 妊娠測定
    採卵から2週間後、血液検査によって妊娠しているかどうかを判定します。妊娠が確認できて、かつ生育が順調な場合、妊娠確認から2週間後に胎児の心拍が確認できます。

高度不妊治療が検討される人とは?

高度不妊治療が必要となる背景には、女性側、男性側、または双方に、何らかの原因があります。以下、高度不妊治療が検討される人について、不妊の原因に照らしながら確認していきましょう。 また参考までに、高度不妊治療の妊娠成功率についてもご紹介します。

高度不妊治療が検討される人

  • 卵管性不妊の人
    卵管に何らかの障害があって妊娠しない場合で、なおかつ、卵管手術を受けても改善が期待できない状態、または、卵管手術を受けたにも関わらず1~2年たっても妊娠できない状態を、卵管性不妊と言います。
    卵管性不妊が認められた女性が妊娠を望む場合には、高度不妊治療が検討されます。
  • 原因不明不妊の人
    一般不妊治療を受けているにも関わらず、治療から2年以上たっても妊娠しない原因不明の不妊症を指します。
    一般に、8回以上の人工授精を試みたにも関わらず妊娠しない場合で、なおかつ不妊の原因が分からない場合、原因不明妊娠と診断されて高度不妊治療が検討されます。
  • 子宮内膜症の人
    症状の程度にもよりますが、子宮内膜症の患者が妊娠を希望する場合には、高度不妊治療が必要となる場合があります。
  • 排卵障害の人
    「卵子が育たない」「卵子が育っても上手に排卵できない」など、排卵に関わるプロセスに何らかの異常を認める状態が認められた場合、高度不妊治療が検討されることがあります。
  • 男性不妊の人
    無精子症(精子が1個もない状態)、乏精子症(精子の数が少ない状態)、精子無力症(精子の運動率が少ない状態)など、男性側に理由がある不妊症のことを、男性不妊と言います。
    先天的な理由で男性不妊となる人もいる一方、後天的な理由(喫煙など)で男性不妊となる患者もいます。男性不妊も、高度不妊治療が検討される代表的な理由です。
  • 免疫性不妊や頚管性不妊の人
    子宮内への精子の侵入を拒んだり、受精することを拒んだりする症状(免疫性不妊)、または、頚管機能に何らかの異常がある症状(頚管性不妊)を持つ場合、高度不妊治療が検討されることがあります。

高度不妊治療の成功率

高度不妊治療の成功率は、不妊原因の症状の程度や女性の年齢により、大きな個体差があります。特に女性の年齢は、高度不妊治療の成功率を左右する大きな要因。以下、高度不妊治療の成功率について、2015年の日本産婦人科学会のデータを基にご紹介します。

  • 20代後半の患者の成功率
    胚移植を受けた女性のうち、約42~44%が妊娠に成功しています。最終的に出産までいたる患者は、高度不妊治療を受けた総患者数に対して20%強です。
  • 30代前半の患者の成功率
    胚移植を受けた女性のうち、約38~42%が妊娠に成功しています。出産までいたる女性は、高度不妊治療を受けた人のうち20%前後です。
  • 30代後半の患者の成功率
    胚移植を受けた全女性のうち、約30~38%が妊娠しています。出産した女性の比率は、高度不妊治療を受けた総患者数のうち10~18%です。
  • 40代前半の患者の成功率
    胚移植を受けた女性のうち、7~26%が妊娠しています。40歳の場合は26%程度の妊娠率ですが、45歳になると7%程度まで数値は落ち込みます。最終的に妊娠にいたる女性の比率は1~9%程度です。
  • 40代後半の患者の成功率
    胚移植を受けた女性の3~7%が妊娠しています。出産までいたる率は、全患者のうちの1%程度です。

高度不妊治療にいたる夫婦の大半は、自然妊娠や一般不妊治療では妊娠が望めないことも事実。本来は限りなく0%に近いはずの妊娠率が、高度不妊治療によって数十%まで引き上げられることがあるという点は、よく理解しておいてください。

なお、2011年の日本産婦人科学会のデータでは、年間で31,166人の赤ちゃんが高度不妊治療によって生まれたとされています。日本の赤ちゃんのうち、約3%が高度不妊治療を経て生まれている計算となります。

一人で悩まずに専門の病院に相談を

以上、高度不妊治療の意味、高度不妊治療と一般治療との違い、高度不妊治療が検討される人、高度不妊治療の成功率などについて解説しました。実際に不妊治療を受けるべきかどうかの判断は、自分で考えるだけでは難しいことでしょう。

以下のページでは、不妊治療の実績が豊富な京都の病院をご紹介しています。どの病院も、相談者の現状を踏まえて、親身になって相談に応じてくれる評判の病院です。一人で悩まずに、ぜひ専門家の意見にも耳を傾けてみてください。

京都で不妊治療ができる評判の病院とは?>>

Page Top
アンケート結果発表♪

妊娠中の女性・出産経験者
京都で100人に聞きました!
産婦人科を選ぶとき、何を重視する?」