HOME » 京都市のおすすめ産婦人科34院 » 産科・婦人科江川クリニック

産科・婦人科江川クリニック

江川クリニックの分娩特徴や食事、患者へのサービス、口コミなどを紹介します。

江川クリニック画像
引用元:江川クリニック公式HP (https://egawaclinic-kyoto.com/)

江川クリニックの特徴

分娩の特徴

里帰り出産の検診を実施

江川クリニックでは、分娩は行っていません。しかし、里帰り出産のため京都に戻ってきている妊婦さんに対して、妊婦検診を実施しています。臨月が近い32週までの妊婦さんが対象です。目安となる検診スケジュールは用意されていますが、お母さん、赤ちゃんともに人それぞれ。そのため、その人に合ったスケジュールで検診を実施してくれます。

妊婦検診にかかる費用に関しては、京都市が行っている子ども医療費支給制度などを利用することが可能です。

4Dエコーでお腹の中を立体的に映し出せる

4Dエコーは、4D超音波診断装置と呼ばれるものです。4D画像として残しておくことができます。4D画像は、奥行き感のある立体的な画像。そのため、おなかの赤ちゃんがよりリアルな画像で見られます。

江川クリニックでは、画像を希望する方へ配布しています。その際は、画像を保存するための記憶装置(USBフラッシュメモリ・SDカードなど)を持参しましょう。しっかりとした画像のため、容量は4GB以上のものを選んでくださいね。

費用

分娩は行っていません

部屋の特徴・食事

サロンのような待合室

クリニックの待合室は、良い意味で病院らしくない内装となっています。落ち着いたオレンジのダウンライトとブラウンのソファーがあり、ゆったりとくつろげる空間となっています。植物も飾ってあるので、より温かみのある部屋となっています。受付も、オシャレなペンダントライトが特徴的。ちょっとしたサロンに来たような気分を味わえます。

清潔感のある診察室とカウンセリングルーム

落ち着いた雰囲気から、明るい雰囲気となるのが診察室やカウンセリングルームです。白を基調とした清潔感のある内装となっています。こちらは、クリニックといった雰囲気のあるつくり。待合室でリラックスしたあとは、気持ちもほぐれて、ちょっとした悩みも相談しやすくなっているでしょう。

患者へのサービス

カウンセリングに力を入れている

江川クリニックは、妊婦さんはじめその他女性の悩みに対して、オーダーメイドの対応や治療を心掛けているクリニックです。そのため、カウンセリングに力を入れています。妊娠中の体調の変化は、人によってさまざまです。例えば、言葉の上ではおなじ「つわり」でも、症状の出方や重さは人それぞれ。また、同じ症状でも気になって仕方がない方もいれば、割り切ってしまえる方もいます。

妊娠中は、おなかの赤ちゃんのためにと精神的にも負担が大きくなる時期です。そんなときに、カウンセリングに力を入れている江川クリニックなら、小さな悩みから大きな悩みまで、相談しやすいでしょう。

出産した方の口コミ

※分娩を行っていないため、利用者の口コミを掲載しています

先生はにこやかで、スタッフの方はとても親身なクリニックです。お産をやっていないのがもったいないくらいでした。エコー写真の写りも良くて、良いクリニックだと思います。

営業時間が遅い時間までやってくれているので、通いやすかったです。それだけじゃなくて、看護師さんたちも親切に接してくれます。

相談しやすい雰囲気の病院でした。混んでいましたが、流れ作業のような診察ではなく、きちんと話を聞いてくれます。

クリニックのなかがきれいで、おちつけます。飲み物の用意もあっていいですね。先生の対応が、こちらのことを考えてくれているなーと思える感じがして、通ってよかったと思いました。

先輩ママにアンケート「産婦人科選びのポイントは?」結果はコチラ>>

クリニック概要

所在地 京都府京都市東山区三条通大橋東入大橋町102-1 田中ビル4F
アクセス 電車/京都市営地下鉄東西線「三条京阪駅」2番出口より徒歩1分、京阪本線「三条駅」8・9番出口より徒歩1分
車/駐車場の用意はありません
診療時間 月~水、金、土 9:00~13:00
月~水、金 16:30~19:30
休診日 木曜、土曜日午後、日曜、祝日
病床 公式サイトに記載なし
Page Top
アンケート結果発表♪

妊娠中の女性・出産経験者
京都で100人に聞きました!
産婦人科を選ぶとき、何を重視する?」