HOME » 京都市のおすすめ産婦人科30院 » 京都医療センター

京都医療センター

京都医療センターの分娩特徴や食事、患者へのサービス、口コミなどを紹介します。

京都医療センター画像
引用元:京都医療センター公式HP (https://kyoto.hosp.go.jp/)

京都医療センターの特徴

分娩の特徴

年間およそ600件の分娩を取り扱い、産科婦人科に医師は12名(女性医師4名)が在籍しています。

妊婦さんそれぞれのリスクに応じて、産婦人科医および新生児科医との協議の上、分娩方法の検討を進めており、『妊婦さんひとりひとりが心から満足できる安全な分娩を』をモットーに掲げています。

どんなスタイルでも心から納得のできる分娩体験のお手伝いを目指し、夫立ち会い分娩や、居室型分娩室(LDR)も積極的に導入しています。帝王切開率は年間100例ほどであり、赤ちゃんに異常が見られた場合には新生児集中治療室(NICU)で対応してくれるので安心です。

費用

補助金(42万円)範囲内に収まるとされていますが、帝王切開やそのほか検査料、個室ベッド代などで個人によって差額請求に差があります。

部屋の特徴・食事

お部屋は、分娩後のお母さんや赤ちゃんの状態に異常がなければ、分娩日から母子同質を支援してくれます。

「赤ちゃんが生まれてくる喜びを、心ゆくまで家族とともに分かち合いたい」という気持ちの尊重から「居室型分娩室(LDR)」を設置しています。LDRでは、陣痛期から分娩、回復期までを個室で過ごすことができます。分娩の際に、陣痛室から分娩室へ、産後は病室へ、と移動する必要もないためお母さんのストレスも軽減できるのがメリット。トイレ、シャワー付き個室のLDRは1泊10,000円(税抜)程の料金で、現在は2部屋のみであり、好評なことからご希望の場合は事前に問い合わせされた方がよさそうです。

入院中の食事は、総合病院ならではの味ですが、暖かい食事であると好評で、分娩3日後にはお祝い膳もあります。

産後のサポート

母子同室、母乳育児に力を入れている病院なので、出産後は助産師さんが毎日個別に指導をしてくれるので産後の不安を相談しやすいと評判です。

出産した方の口コミ

小児科隣接の安心感

小児科の先生も対応できるようになっていて産後も、子どもの発育状況など相談しやすい。

入院中も小児科の先生が何度か検診をしてくれる。

総合病院ならではの雰囲気

総合病院だけあって、何かあればすぐほかの科に回してくれるので安心です。

医師は曜日によって違い、待ち時間が長いですが、総合病院であり年間の分娩数から考えても安心して任せることができます。

クリニック概要

所在地 京都市伏見区深草向畑町1-1
アクセス 電車/京阪電鉄「藤森」駅から徒歩8分
診療時間 月~金 8:30~10:30
休診日 要問合せ
病床 600床
Page Top
アンケート結果発表♪

妊娠中の女性・出産経験者
京都で100人に聞きました!
産婦人科を選ぶとき、何を重視する?」